FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

皇帝杯2016Season 京都大会レポ

今回はあまり良いところがなく気乗りしないけど、反省会ということで一応記録。環境としてはコントロール&ロックのマクロスから低コストカウンター完備のTEAサイバスターが中心だったところ、それをぶん回りで殴り殺す正体不明や仮想の超速攻デッキが流行。マクロスはΔ2弾でクラン・クランという低コスト高打点高耐性のエースユニットを手に入れて速攻ビートダウンまで出来るようになったが、京都大会直前のOG16弾にライン・ヴ...

皇帝杯2016Seasonバンダイ本社大会レポ

四天王(リューネ&ウェンディ&ラトゥーニ&マイ)「リューネ&ウェンディ(CH-223)」のおかげでついに実戦レベルのデッキになりました。熱血幸運で手札捨てたら2ドローできるってもう専用キャラでしょ・・・。「リューネ&ウェンディ(CH-223)」で毎ターン引き続ければ「ラトゥーニ&マイ(CH-218)」も余裕で維持できる。あとは四天王と「白き魔星へ(C-052)」と「ロイヤル・ハート・ブレイカー(C-053)」を致死量ダメージ出るまで集め...

2015SEASON皇帝杯FINALレポ

候補デッキは、高速スライダーとガンバスターの二択。ガンバスターはレイブンが9割無理だったのと、高速スライダーならぶん回ればなんでも勝てるだろうってのでスライダーを選択。いつもの記憶ゆるふわレポ。一回戦:バディコンインベル(たぶんエピコは別) 負勝負①エグゼクス展開するもヴェルキンゲトリクスに足止めされインベル着地される。刃馬一体引くまで粘るも春香さん乗ったのでさすがに投了。→OUT:フルインパクトキャノ...

皇帝杯東京レポ

アレクサンダ相手を考えて殺人的な加速から6弾リーゼとか、フリッケライバルトール事件とかいろいろ迷走した結果、勝つ方法考えるより安定してデッキ回そうってことでOG12弾発売直後に組んだコンセプトに戻ってきた。戦い方は見たまんま、4ターン目にフリッケライかアルトヴァイス+フェアリオンGでAMガンナーとデュラクシール&リシュウを展開、刃馬一体で相手を崩して25点ぐらい通すか、リーゼ&ラインを構えてデュラクシール...

クルセイド祭 京都大会レポ

今回はOGで一番カードパワーがあると思われるATXを選択。ATXはそんなに遅いデッキじゃないのでセレマ要らないと思っていたが、twitterで見たレシピ真似して入れてみると色々都合がよいことに気付いた。契約の儀式の場合は手札が充実してないと相手を止められないが、セレマは1枚出せばとりあえず止まる。攻撃開始が5ターン目になるので真打ち対策の4国以下キャラが要らなくなり、約束の言葉じゃなくて奇妙な因縁を採用できる。...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。