FC2ブログ

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質問用記事

●質問用掲示板
この記事へのコメントやTwitterでも質問受け付けています。

●検索用 全公式Q&A
ブラウザの検索機能(Ctrl+F)で全公式裁定の検索が可能です。

●よくある質問
 ・ルールブックVer.1.4⇒2.0で消えた記述
 ・複数の「特徴:~」や名称を参照する効果
 ・「~する毎に」を複数同時に満たした場合
 ・「~枚まで」という記述の効果
 ・セットグループの破壊や移動
 ・「ラディカル・グッドスピード脚部限定(U-302)」
 ・[常駐][恒常][起動]の優先順位
 ・『正体不明』に関する裁定まとめ

●エラッタ待ちカードまとめ

●オフィシャル ルールページ
 ・オフィシャルルールブック(Ver.2017)
 ・2017年3月31日適用新ルール 自動型テキスト・武装変更のルール変更につい
 ・オフィシャルルールブック(Ver.2016)
 ・エラッタ
 ・シリーズフォーマットルール&制限カード
 ・テキストの一部読み替え
 ・特殊効果「加速」
 ・「武装変更」のルール変更について
 ・「対価」「聖闘士」「剣客」のルール変更について

●クルセイドシリーズ年表
新弾発売日と大型公式大会の日程まとめ

●修正Q&Aまとめ
公式Q&Aの更新に伴い以下の記事を修正しています。
シルベルヴィント(U-097)
ラディカルグッドスピード(フォトンブリッツ)(U-195)
ペガサス流星拳(C-001)
羽佐間カノン(CH-016)
スポンサーサイト

マクロス OG アクエリオン をヤフオク出品しました

今後、自分はクルセイドをプレイする機会がほぼなくなるかと思い、
ある程度数がまとまっているOG、マクロス、アクエリオンについて
興味がある方にお譲りすることにしました。
これからもクルセイドをプレイしていく方、なにがしか活用出来る方は
以下のヤフオクページから入札頂ければ幸いです。
ここのブログと掲示板自体は今後も継続していく予定です。
(トップをねらえ!とヱヴァはまだカードを残しているので
もしかしたらまた遊ぶ機会もあるかもしれません)

OGクルセイド 第1弾~第16弾セット(※17弾ありました)

マクロスクルセイド 第1弾~Δ3弾セット
クルセイド アクエリオンシリーズ セット

『正体不明』に関する裁定まとめ

サンライズクルセイド24弾から導入されたルール『正体不明』
SC24007_convert_20161016154819.jpeg SC24061_convert_20161016154829.jpeg

裏向きのカードを3/2/3のチップのように扱う面白いルールだが、チップとは違う部分も多くて未だに馴染みにくい。
フェスティバルブースターで強化されて使用者も増えそうなので、要点がわかりやすいようにまとめておく。



①「『正体不明』の表を見る」という効果を適用しない限り、『正体不明』の表面を見ることはできない。(サンライズQ&A286)

②『正体不明』はチップと異なり、キャラやセットカードをセットすることができる。(サンライズQ&A287)

③『正体不明』はチップと異なり、テキストを得ることができる。(サンライズQ&A288)

④『正体不明』はチップと異なり、、指定コスト、合計コスト、資源コストを持たない。(サンライズQ&A289)

⑤『正体不明』を表向きに置き換える効果はユニットの置き換えとなり、セットカードや戦闘修正や待機中の効果は引き継ぐが、コインや解決済みの効果は引き継がれない。(サンライズQ&A292)

⑥『正体不明』に「幻視錯綜(C-180)」のような効果が解決された場合、一旦表向きになるが場に出る際には元の『正体不明』の状態で場に出る。(サンライズQ&A295)

⑦『正体不明』を表向きに置き換えることで自分のエースの合計値の上限を超えてしまう場合、表向きに置き換える効果は解決に失敗する。(サンライズQ&A296)

⑧『正体不明』はGシンボルを持たないので、カード種類をGに変更する効果は解決に失敗する。(サンライズQ&A299)





>①
ルール的には「裏向きの場所」に近いが、裏向きの手札を選ぶように、見分けが付かない『正体不明』を対象にするときはランダムで選ぶかどうかは裁定がない。
いちいちシャッフルするのも面倒なので、表を知っている場合は神経衰弱のようにプレイヤーが覚えておくほうが現実的な処理だろう。

>②③④⑧
キャラをセットしたりコインを乗せたりテキストを得たりとわりとなんでもできるので、ルール的にはチップよりは普通のユニットに近い。
異なるのはコストやGシンボルを持たないこと。

>⑤
表向きに置き換える効果を『ユニットが場に出た』として扱うかどうかはまだ裁定がないが、カード自体は同じ場所から移動していないので、『場に出た』としては扱われないと考えられる。
ついでにこの回答からコインが乗せられるのも確定。

>⑥
『正体不明』というより「幻視錯綜(C-180)」のような効果についての裁定。
カード種類やセットカード等の状態は記憶されていて、戻るときは同じ状態で場に出る。
scbc180_convert_20150901021916.jpeg


>⑦
実質的な効果の巻き戻しを行うというクルセイドではかなり珍しい裁定。
ルールブック上のエースの制限は『プレイできず、場に出す事ができない』だが、サンライズQ&A034等からユニットの移動も解決に失敗するので、『正体不明』を表向きに置き換える効果も同様ということだろう。
処理的には仕方ないが、解決失敗した場合でもお互いのプレイヤーがその『正体不明』の表を確認するという妙なことが起こる。

皇帝杯2016Season 京都大会レポ

今回はあまり良いところがなく気乗りしないけど、反省会ということで一応記録。

環境としてはコントロール&ロックのマクロスから低コストカウンター完備のTEAサイバスターが中心だったところ、それをぶん回りで殴り殺す正体不明や仮想の超速攻デッキが流行。
マクロスはΔ2弾でクラン・クランという低コスト高打点高耐性のエースユニットを手に入れて速攻ビートダウンまで出来るようになったが、京都大会直前のOG16弾にライン・ヴァイスリッターやサリー・エーミルという露骨なメタカードが投入されて抑えられた印象。
おそらく黒OGで2割以上いるんじゃないかなーと、
そんな予想で持ち込んだデッキは結局 クランビート

黒OGも組んでみたが、全サーチでユニットを展開できる赤OGと比べるとイマイチ安定感がない。
ライン・ヴァイスリッターにもミレーヌ・フレア・ジーナスという回答を得ていたので、インフィニティクランで3ターン目に殴り殺す方針で挑んだ。
全サーチを前提にしたデッキが多いので先に殴って機能不全に出来ればかなり有利に傾く。
2ターン目の攻防も緑2GからのAfter,in the darkやニンジーン、追加のイシュタルで万全。
個人的な一押しはVF-171 ナイトメアプラス(辺境宙域仕様)[B]。
エルスティン・ホー対策としてユニット数の水増しが主目的だが、中盤引くと困る夢への一歩から出してイシュタルやフレイヤを回収したり、手札に来てもキャラ除去対策として使えるいぶし銀。

①レーバテイン ×○△
1戦目:残りデッキ2枚まで追い込むもテッサのテキスト消しと大迷惑のスーサイドの組み合わせでクランセットを処理され逆転負け。
2戦目:インフィニティで殴って勝ち。
3戦目:かなめ&テッサや妖精の羽で時間を稼がれる。いけないボーダーライン2連発で全除去の準備が出来た所で時間切れ引き分け。
いまだにレーバテイン戦の経験値が足りてなかった・・・。
トライアングラーをオミットした分、ドロソをランカに依存しているので割られると辛い所。

②サイバスターTEA ○○
1戦目:さくっと殴りきって勝ち。
2戦目:ユニットクランテキストがまさかの失敗。しかし相手も回っていないようなので、フレイア→カナメで全回復からクラン・クランを出し直して再展開。シェリルと一緒に殴って勝ち。

③ラインヴァイス入りコンパチ××
1戦目:コンパチって4Gからだったよなとか思いながらクランセットで殴ったらラインヴァイスが落ちてきて死亡。
可能性があるのはわかっててもいざやられるとビックリするわ・・・。
2戦目:どんどんGにGコンパチが並び、サラ・ノームの破壊無効ではどうしようもないことを悟り投了。
完全に盲点&天敵でした・・・。

④ジークフリード入り青緑マクロス×○×
1戦目:恋ハレで凌がれこちらのフレイアはAfter,in the darkで3ターン足止め、ジークフリードが止まらずに負け。
2戦目:相手の2ターン目をカウンターし尽し早々に投了。
3戦目:トライアングラーでのアド差が激しく、ジークフリード対策のミレーヌも割られて負け。

すっかり疲れ果ててここでドロップ。
レーバテインは速度的に有利だしあとは新射手座で大丈夫でしょ、と油断して戦い方を検討してなかったのがマズかった。
あと赤OGにラインヴァイスだけ突っ込むを実行した人が多かったのも予想外。自動マイナス修正とカウンターの両方を対策するのは流石にしんどい。
ぶん回り前提のデッキなので右手が弱かったと言い出すとどうしようもないのだが・・・もう少し中盤以降を意識しても良かったのかも。

次の東京は予定が合わずしばらく暇になるので、放置してたルール関連の記事を久しぶりに書いていこうかなぁ。

皇帝杯2016Seasonバンダイ本社大会レポ

四天王(リューネ&ウェンディ&ラトゥーニ&マイ)

「リューネ&ウェンディ(CH-223)」のおかげでついに実戦レベルのデッキになりました。
熱血幸運で手札捨てたら2ドローできるってもう専用キャラでしょ・・・。
「リューネ&ウェンディ(CH-223)」で毎ターン引き続ければ「ラトゥーニ&マイ(CH-218)」も余裕で維持できる。
あとは四天王と「白き魔星へ(C-052)」と「ロイヤル・ハート・ブレイカー(C-053)」を致死量ダメージ出るまで集めれば勝ち。
「運命を切り開くもの(C-P001)」も「プロポーズ(C-P017)」も試してみたけど、結局「夏の欠片(C-020)」が一番使いやすかったという・・・なにこのカード。
サイドの「方向音痴(C-002)」は相手のラトマイ対策。
前日に探し回ってた「苦い記憶(C-P026)」は「HOLY LONELY LIGHT(C-073)」対策。美雲さんの使い回しを防ぎたい所。

1回戦:マクロス ××
①ユニットもキャラも更地に・・・
②相手の廻りがぬるかったので白き魔星撃ち始めるも、カナメから全回復されて打点足りず
場配備キャラも配備エリアのユニットも除去出来て、何度も起動する大回復まであるデッキとかむりぽ

2回戦:青単インベル ○○
①特に妨害されずシュート
②再生と死とが飛んできてリューネウェンディ割られるも2枚目だしてシュート

3回戦:レーバテイン ××
①②嵐の前や大迷惑のスーサイドやらを相良宗介で使いまわされて逆にロックされた・・・
レーバテインはコマンドが強いデッキだったのか・・・勉強不足

4回戦:赤ファフナー ○○
①健啖家でゼクスやスサノオを焼き払い、ラトマイでロックしてシュート
②カウンターをすり抜けてロック完成

5回戦:レイヴン ○×○
①記録忘れ、特に妨害されずシュートしたような
②いつの間にかレイブレードでラトマイをジャンクに捨ててた・・・プレミ
③キャラ割り撃たれるもリューネウェンディおかわりしてシュート

6回戦:黒ロボガ ×○×
①勝利の守護者が練馬のためにで消されて30点ぐらいもらって死亡
②ガミラQ3でリューネウェンディが除去されるが即おかわり、シュート始めるもRHBを練馬のためにで消される。ギリギリのターンでRHB2枚目を引いてシュート
③3ターン目のコマンド合戦に負けてリューネウェンディ除去される。ラトマイで粘るもなかなか2枚目のリューネウェンディが引けず、捌ききれなくなって死亡
サイドからカウンターフル投入して負けるとか、さすがのキャラ除去力

3勝3敗で80人中47位でした。勝ち越しは出来なかったけど予想通り回ったので割と満足。
反省点としてはレーバテイン戦か、苦い記憶をメイン2サイド1とかでも良かったかも。
あと場に出たカナメをどうにかできるカードがほぼない。6G貯めて集中置いて「不安定な心」撃つぐらいでかなり厳しい。
フレイアをカウンターするぐらいしか手がないか。

2015SEASON皇帝杯FINALレポ

候補デッキは、高速スライダーガンバスターの二択。
ガンバスターはレイブンが9割無理だったのと、高速スライダーならぶん回ればなんでも勝てるだろうってのでスライダーを選択。

いつもの記憶ゆるふわレポ。

一回戦:バディコンインベル(たぶんエピコは別) 負勝負
①エグゼクス展開するもヴェルキンゲトリクスに足止めされインベル着地される。刃馬一体引くまで粘るも春香さん乗ったのでさすがに投了。
→OUT:フルインパクトキャノンx2 余裕の微笑x1 IN:真打ち登場x2 刃馬一体x1
②高速スライダー決める。
③エグゼクスでそこそこ殴るもインベル春香完成されて引っくり返される。7弾エグゼクスのテキスト使える分の改造コインがあれば・・・と思ったらその乗せ先のフリッケライはさっき溶けてた・・・。キャラ乗せるタイミングはあったはずなので完全ミスであった。

二回戦:マイトガインベル 勝勝
①高速スライダー決める。なんかイデオンとかホイコーローとか見えてた・・・。
→OUT:フルインパクトキャノンx2 余裕の微笑x2 IN:真打ち登場x2 揺れる心の錬金術師x2
②インベル出されてスライダー除去されるが返しに真打ちで除去して立て直し、刃馬一体でブロッカー除去しながら殴り切る。立て直しやすいのもエグゼクスの長所。

三回戦:黒ロボガ 勝勝
①高速スライダー決める。
→OUT:刃馬一体x1 フルインパクトキャノンx2 IN:真打ち登場x2 余裕の微笑x1
②最速リッパー打つと相手の手札に練馬の華1枚と光子力バリアー2枚が見えて萎える。どうせZたんでGにされるんだろなと思いつつ練馬を落とすも時間は稼がれる。スペイザーグレンダさんは先に交戦させてテキスト使わせたところで7弾エグゼクス投げ込み超合金4回されようが除去。相手はロボイザさん引けてないようで手札の差で押し込む。

最終戦績は58位で本戦進めず。
デッキ的には今までで一番手応えあったので残念。インベルとの戦い方をもっと勉強しておくべきだった・・・。
対インベルはたしかに不利ではあるけど、主力の展開は他のデッキよりは楽だし、エクスバインとの協力コンボでデッキ全部引けたりするので対策カードを引くこと自体は容易い。
ガンスリ一回やったらプロモノルマも達成してしまったので、ガルパンを見に立川に飛んだのだった・・・4人としか対戦してねぇ・・・。

[常駐][恒常][起動]の優先順位

長いので先にまとめると

『場に出た場合』の[恒常(自動B)]
 → [常駐(自動A)]
   → [起動(自動D)]や、既に場に出ている[恒常(自動B)]

の順で適用される。



scbu401_convert_20160324165401.jpeg

2015年皇帝杯FINAL環境の中心になる予定のインベルさん。
問答無用の[常駐]マイナステキストを持つので、小型を展開する速攻デッキや中型ユニットを足掛かりに武装変更するデッキの天敵、というかほとんどのデッキの天敵になるだろう。

キャラを乗せるのがわかりやすい対策だが、そこで大事なのが自動型テキストの優先順位。
例えば「共同作業(C-019)」は[起動]なので、ダイナミックQ&A23から、キャラが乗るのはインベルのマイナス修正が適用された後になり防御力4以下のユニットを生き残らせることはできない。

Q23:防御ステップ中に、「ゲッちゃんドラゴン(U-084)」「Gブースターグレちゃん(U-115)」が交戦中になった場合、「Gブースターグレちゃん」の[起動]のテキストは適用できますか?

A23:いいえ、できません。
[常駐]のテキストと[起動]のテキストでは、[常駐]のテキストが先に適用されるため、「Gブースターグレちゃん」の[起動]のテキストを適用できません。

ogpc019_convert_20160218233921.jpeg

しかし、『場に出た場合』を条件とする[恒常]のテキストは[常駐]よりも先に適用される。
サンライズQ&A123が一応の根拠だが、置き換えのルール変更前のままなのと、『このターン』と[恒常(自動B)]の関係なのでいまひとつ。
ただし旧GW Q&A501を踏襲した裁定だと考えられるので、、『場に出た場合』を条件とする[恒常(自動B)]が[常駐(自動A)]より優先されるのはほぼ間違えないだろう。
(2016/7/22 フルメタル・パニック!Q&A10が追加され確定しました。)

Q123「戦神丸(U-045)」のテキストが、「捕獲ネット(C-045)」の効果で無効になっている状態で、「武装変更」の効果で「戦神丸」「戦王丸(U-109)」を置き換えた場合、「戦王丸」の”場に出た場合~”の効果は起動しますか?

A123: 起動します。”場に出る場合”"場に出た場合”等の効果は、場のカードに影響を与え続ける効果が適用される前に、効果が起動します。

つまり『場に出た場合』でキャラを乗せる[恒常]ならインベルの効果より先にキャラをセットできるので、「フリッケライ・ガイスト(U-226)」「サーベラス(U-258)」なら生き残ることができる。
ogbu226_convert_20160219000004.jpeg ogru258_convert_20160219000021.jpeg

ただし既に場に出ているカードの[恒常]は[常駐]や[起動]と同等だと考えられるので、「ガンバスター(ホーミングレーザー)(U-017)」は攻撃に出撃した場合のダメージは増強できるが、戦闘エリアにいるユニットと武装変更して場に出た場合は[常駐]が有効になるより前にダメージを与えることになる。(この場合の根性は実質[常駐]と同じ)
tnbu017_convert_20160219003108.jpeg

ついでに上の2つの裁定から、『場に出た場合』の[恒常] → [起動]も成り立つので覚えておくとよさげ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。